知っているようで知らない?結婚式のさまざまなスタイル

キリスト教式で行われる結婚式

結婚式にはさまざまな種類がありますが、最も人気があるスタイルと言えば「キリスト教式」でしょう。本来はキリスト教の信者が教会で行うものですが、そうでない人も、ホテルや専門式場内に設置されたチャペルで行うことができます。キリスト教式のメリットは、何と言っても「ウェディングドレスを着ることができる」ということでしょう。さらに挙式の際は、「親族だけでなく、友人や知人など多くの人に参列してもらえる」ということもメリットだと言えます。

神前式で行われる結婚式

「神前式」は、日本の伝統的なスタイルで行われる結婚式であり、少し前までは古臭いなどと敬遠されがちでしたが、最近になって人気が高まってきていると言われています。式場については、神社で行えるほか、館内神殿を備えた専門式場やホテルで行うことも可能です。神前式のメリットとしては、「伝統的で厳かな雰囲気の中で行える」ということや、ウェディングドレスとはまた違った魅力がある「白無垢の衣装」を着ることができることなどが挙げられます。

その他の結婚式スタイル

その他にある結婚式のスタイルとしては、「人前式」と「仏前式」が挙げられます。「人前式」は、宗教等に関係なく、列席者に結婚式の証人になってもらうというスタイルになります。ですので、形式にこだわらない自由な結婚式を希望している方に向いていると言えるでしょう。そして「仏前式」は、自分に縁のあるお寺や先祖の菩提寺などで行われるスタイルの結婚式であり、家系や先祖を大事にするような結婚式を希望している場合に向いています。

結婚式場を神奈川で探す時にどんなジャンルの式場が良いのか、まずは考えてみると良いかもしれません。ホテルやゲストハウスなどがあります。