学校での子供の写真は、取り扱いに気を付けよう

学校で撮った写真は、いろんな子が写っている

学校行事などで撮った子供の写真は、可愛くてついついSNSに投稿したくなりますよね。子供の写真はとても可愛いですが、インターネット上に公開すると拡散する危険性があります。仮に拡散しても、自分の子供が人気になるかもしれないとポジティブに考える方もいるでしょう。しかし、学校で撮ったような子供の写真は、他の家庭の子供まで写っています。その点を十分理解しておかないと、大きなトラブルに発展しかねないので注意しましょう。

子供のプライバシーを守ることは、とても大切

デジタル誘拐という言葉があるように、子供の写真が勝手に悪用されているケースがあります。子供のプライバシーを守ることが、近年親としての役目として注目を浴びています。一度写真が拡散してしまうと、インターネット上では削除するのが困難になります。また、学校行事での写真だとどの学校なのかが特定されてしまいます。写真の子供が可愛いから、学校を特定して実際に誘拐するというトラブルにもなりかねません。インターネット上に写真を載せるときは十分気をつけましょう。

思わぬところで、好機が訪れることも!?

インターネット上に子供の写真を載せるのは、悪いことばかりではありません。プライバシーを配慮して載せれば、何かのきっかけでスカウトされる可能性もあります。また、ふとした写真がメディアに取り上げられて、我が子が有名人になるということもあります。SNSでは、ふとした瞬間にコミュニティが広がる可能性を秘めています。学校の写真は取り扱いに注意が必要ですが、自分の子供が部活や趣味に熱中している写真を公開して、そこから新しいコミュニティが生まれるかもしれません。ぜひ、子供のプライバシーを考慮して写真を使いましょう。

スクールフォトとはスマホを使うことによって、どんな生活をしている人でも、好きな時間に子供の写真を見ることが出来る便利なものになります。