ご祝儀で恥をかかない為に知っておくといい情報!

いくら包めばいいの?

結婚式に呼ばれたらご祝儀を包んでいかなければいけないのですが、いくらいくらい包めばいいのかわからないという人も中にはいるのではないでしょうか。自分がどの立場かによって金額も変わってくるのですが、大体の相場としては友人や知人の場合3万円(学生や年齢が若い場合は2万円でもOK)、兄弟姉妹や親せきの場合は5万円~10万円程度です。また夫婦で出席する場合の相場は、友人や知人の場合は5万円~7万円、兄弟や親せきの場合は10万円~15万円です。上記の相場を参考にご祝儀を包むようにしてくださいね。

ご祝儀袋の選び方について!

結婚祝いの場合、ご祝儀袋の水引は「結び直すことがない」という意味のある結び切りの水引を使います。間違っても何度でも結び直せるという意味のある、蝶結びの水引は使わないでくださいね。またご祝儀袋を選ぶ場合豪華なものとそうでないものがありますが、せっかくなら豪華な方を選ぼうと考える人もいるかもしれません。しかしご祝儀袋は入れる金額によって袋の豪華さは変わってきます。その為ご祝儀袋の金額の目安としては、包む金額の1/100程度の物を選ぶといいですよ。

いつご祝儀は渡せばいい?

結婚式に参加する場合、よく受付でご祝儀を渡す光景を目にすることもありますよね。その為ご祝儀は当時受付で渡すものと考えている人も、中にはいるかもしれません。しかし実際は結婚式の1カ月前~1週間前までの間に、相手に手渡しすることが本来のマナーとされているんですよ。またお祝いごとの場合日柄も重要になってきます。出来れば大安や先勝など、日柄が良い日を選んで渡すようにしてくださいね。ただ遠方に住んでいるなどの理由でどうしても当日しか渡せない場合は、当日受付で渡しても問題ないです。

職場や住まいが東京及び首都圏である場合、結婚式場を東京で選ぶことは周りの友人などを呼ぶ面においても非常に立地が良いと言えます。都内は結婚式場が数多くあり、あらゆる選択肢の中から選ぶこともできます。