日本で行われている結婚式はどういうものがある?

日本風の結婚式から洋風の結婚式まで!

結婚式に向けて様々なものを用意しなければなりませんが、まず重要になってくるのが結婚式場です。結婚式場を選ばないと、結婚式すら行うことができませんから要注意です。挙式のスタイルは様々ですが、神社でするような日本風の結婚式から、教会で行うような洋風の結婚式スタイルがあります。どちらも好みが分かれてきますが、それぞれに特徴があるために非常に注目されています。自分の好みに合った式場を選ぶことが重要になります。

様々な挙式スタイル!

挙式スタイルは様々ですが、その中でも教会で行う洋風の結婚式は非常に人気があります。日本人なら、神社で挙げるのが主流という認識がありますが、そういったことはありません。教会で挙げるような結婚式は、ウエディングドレスを着ますし、男性はタキシードです。普段着ないような服を着るわけですが、女性に関しては一生に一度の晴れ舞台ということもあってかなり人気があるわけです。しかし、神社で挙げる結婚式が劣っているというわけではありません。

神社で行う結婚式とは?

神社で挙げる結婚式にももちろん特色はあります。女性は十二単を着て男性は袴を着用します。純和風の結婚式を行うわけですが、国際結婚が増えてきている中で実は神社での挙式もかなり注目されてきているのです。非常に多くの人が行っている結婚式ですが、神社で行われている結婚式は、結納から行います。そのため、かなりしきたりがあり形式ばった結婚式になりがちです。オープンスタイルの結婚式をしたいという人は、教会で行うと良いでしょう。

結婚式場を赤坂ですることは、ステータスです。東京の中心となっている場所であり、豪華で高級感があります。